相続放棄はどんな時にする?必要書類やかかる費用は?

相続放棄 必要書類

亡くなった故人の遺産相続の方法には、単純承認限定承認相続放棄3通りの方法があります。

故人から相続できる財産が明らかにプラスの財産の方が多い場合は単純承認をすれば良いでしょう。

次に、どう考えても借金やローンなどのマイナスの資産が多いという場合は相続放棄をしっかりと検討しなくてはいけません。

例えば、「父が残してくれたものだから…」と何も考えずに遺産相続してしまうと、後から思わぬマイナスの資産が見つかり、借金の返済などで追い詰められてしまう事も少なくないのです。

プラスの財産とマイナスの財産がどちらが多いのかがはっきりしない場合は、とりあえず家庭裁判所に限定承認を申請しましょう。

限定承認とはプラスの財産の範囲内でマイナスの財産を相続できるというもので、例えば2000万円のプラスの財産と3000万円のマイナスの財産がある場合、最大で2000万円までしか債務(借金などのことです)を返済しなくても良くなります。

限定承認と相続放棄の申請期限には要注意!

遺産の限定承認をする場合と、相続放棄をする場合は家庭裁判所に申請をしないといけないのですが、申請には期限があります。

故人が亡くなった日から3か月以内に申請をする必要があります。

この申請期限を過ぎてしまいますと、単純承認を選んだものとみなされますから注意が必要です。

また相続放棄をする場合は、自分よりも相続順位が下の人に迷惑がかかってしまう事にもなりますから、相続放棄をする場合はその旨を他の相続人に連絡しておくのが良いでしょう。

わざと3か月の期限後に債権請求をしてくる業者も!

また、世の中には良い人ばかりがいるわけではありません。

例えば故人に借金があった場合、わざと期限の3か月が経過した後に債務の督促をしてくる債権者(借金やローンを貸してくれている人の事を指します)もいます。

マイナスの財産は何もないと思って安心していたら、相続放棄や限定承認の期限が過ぎたあとになって発覚する事も少なくないので、迷ったら限定承認を選んでおくのもアリでしょう。

ただこのケースように、3か月後の期限後に借金などのマイナスの財産の存在を知った場合は、弁護士などの専門家に相談すれば相続放棄できるようになる事もあります。

一度相続放棄の手続きをするとプラスの遺産が見つかっても相続できない!

相続放棄 撤回できない

もう1つ、遺産の限定承認や相続放棄をする場合の注意点があります。

それは、一度限定承認や相続放棄の手続きをした場合、後から亡くなった故人のプラスの財産が見つかったとしてもその申請を撤回する事はできないという事です。

ですから、相続が発生した際(故人が亡くなったタイミングです)には、徹底的に故人の財産を洗い出す必要があるのです。

ここは時間と人手をかけてしっかりと行うべきでしょう。

相続放棄の申請での必要書類は?

相続放棄 必要書類

相続放棄を選ぶ場合は相続放棄申述書という書類を家庭裁判所に出す必要があります。

記入する内容はいたってシンプルで、亡くなった方と申請する方両方の名前と本籍地などを記入する程度で、特に他の情報を調べたりしなくても記入できるでしょう。

書類を提出するのに特に費用はかかりません。

限定承認をする場合の手続きは?

限定承認の場合は少し手続き方法や必要書類の用意が厄介です。

限定承認の場合も相続が発生したタイミングから3か月以内に申請しないといけないのですが、申請する場合はどのような財産があるのかを一覧にした財産目録という書類を作成しなければいけませんし、相続人全員そろって家庭裁判所で「申述」する必要があります。

(※申述とは要するに申し出る事です)

そして5日以内に債権者(借金やローンを貸してくれている人の事を指します)対して債権の請求の申出の公告を行う必要があるのです。

簡単に言うと、「私達は限定承認を選びましたよ~。だから一定期間のうちに借金請求の申し立てをして下さいね~。」と債権者に伝えるわけです。

コメントを残す