株式を相続した!名義変更や評価方法、相続税は?

株 相続

株式を相続した場合、まず上場株式非上場株式かによって手続き方法が変わります。

簡単に言うと一般的に売り買いできる株式が上場株式で、被相続人(亡くなった方)が会社の経営者などではなく趣味や投資で株をやっていたのであればこちらです。

また、被相続人が会社経営をしていて法人の株式を所有していた場合は自社の株式を所有していたという意味で、非上場株式の相続になります。

まずは上場株式の名義変更が必要

被相続人が所有していた株式の名義を、被相続人から相続人に変更をする必要があります。

株式を預けている証券会社に連絡をしましょう。

株式を相続してもすぐにそれを売却すると決めているとしても、いったん名義変更する必要があります。亡くなった方の口座からはもう売却できないからです。

相続をしても証券会社は自社の口座間でしか株式を移管してくれないので、相続人も同じ証券会社に証券口座を開かないといけません。

もしも被相続人が複数の証券会社で口座開設をして株式を管理していたのであれば、相続人も同じようにその複数の証券会社で口座開設をしないといけないのです。

被相続人が取引のあった証券会社は取引明細書が送られてきていれば把握できるでしょうし、保有していた株式の銘柄などは証券会社に問い合わせれば分かります。残高証明書を発行して貰って保有株式の銘柄や内容を確認しましょう。

株式の名義変更時の手続きや必要書類

まずは相続人が証券会社に口座開設をします。

そして証券会社から渡される株式名義書換請求書必要書類一式を提出します。

必要な書類は被相続人と相続人全員の戸籍謄本、住民票、印鑑証明書、印鑑、そして遺言書がある場合は遺言書、遺言書がなくて遺産分割協議をした場合は遺産分割協議書などすべてです。

相続した株式の評価方法は?

株式はリアルタイムで評価額が変動するので、評価方法が少し特殊です。

株式を相続して所有する場合は相続税の評価額に影響してきますから低い評価をした方が良いわけですし、株式を相続してすぐに売却予定の場合は、少しでも高い評価をして現金化したいケースもあるでしょう。

どの時点の価額を使うのが有利に相続できるのかを知っておきましょう。

相続財産に株式や投資信託などがある場合、取引している証券会社や銀行が残高証明書を発行してくれるのでそれを参考にすれば良いのですが、株式などの有価証券は日々価額変動しますから、4通りの評価方法があります。

  1. 課税時期の終値
  2. 課税時期の属する月の毎日の終値の月平均値
  3. 課税時期の属する月の前月の毎日の終値の月平均値
  4. 課税時期の属する月の前々月の毎日の終値の月平均値

※課税時期とは被相続人が亡くなった日の事です。

このあたりの詳しい内容は、実際に証券会社の窓口に行った際に聞くと良いでしょうし、既に相続の手続きを税理士に依頼している場合は、税理士に質問したり相談しながら相続する自分にとって最適な評価方法を選びましょう。

株価が上昇したタイミングで売却すれば利益も!

上場株式であれば自分で自由に売買する事が可能ですから、相続をして自分の証券口座に株式を移し終えたら、相続人も株式を売買できます。

その際、相続したタイミングから株価が上昇してくる事がありますから、そのタイミングで売却をすれば利益を得ることができます。

遺産相続ではできるだけ多くの財産を得たいと思う方もいるでしょうから、このような方法もあるという事を覚えておきましょう。

株式の相続に時効はある?

結論から言うと、株式の相続に時効はありません。

ですから極論を言えばそのまま放置していても問題はないわけですし罰則もありません。

ですが、せっかく資産を相続したわけですから、相続税はかかりますが株式を売却して現金化した方が良いでしょうし、放置していたら株価が落ちて資産価値がなくなってしまってもったいないというのは言えるでしょう。

もちろん逆に、株価が上昇するという可能性もありますが…

会社経営者で自社株の非上場株式を所有していた場合は?

被相続人が会社経営をしていて自社株の非上場株式を所有していた場合、形式上名義変更をするには会社の承諾が必要になります。

これは普通は専門家でないと手続きが複雑でややこしいので、被相続人の会社の顧問の税理士に手続きを依頼をしましょう。

相続した未上場株式の評価額も税理士が計算してくれます。

相続した株式にかかる相続税の計算方法は?

株式 相続 税金

株式などの有価証券を相続したら、それも資産なので相続税の対象です。

相続税がいくらかかるかというのは、相続した株式の評価額によって変わります。

詳しい数字や計算方法などはこちらのページ内の法定相続分に対する税率と控除額という箇所をお読みください。

 

コメントを残す