遺産相続が決まったらまず法定相続人の確定をしましょう。

法定相続人

亡くなった方の死亡届の提出、通夜、葬儀、納骨が一通り済んだら、息つく暇もなく今度は遺産相続の手続きがやって来ます。

遺産相続とは亡くなった方(被相続人)の遺産を、被相続人の配偶者や子供、孫たちに受け継ぐことをいいます。

この場合、遺産を受け取る側の人達のことを相続人といいます。

「相続はどのタイミングで始まるの?」と疑問に思う方もいるかもしれませんが、相続は被相続人が亡くなると同時に開始され、自動的に被相続人の全ての遺産が相続人に受け継がれるのです。

遺産相続の流れは、被相続人の遺言書があるかないかで大きく異なります。

遺言書がある場合は遺言書に記されている相続人が基本的には遺産を引き継ぐことになりますが、遺言書がない場合は誰が相続人になるのかという事をまずは明確にする必要があります。

法定相続人とは?

誰が遺産を相続する事になるのかをまずは明確にするのですが、法律上相続する権利のある人の事を法定相続人といいます。

法定相続人には配偶者相続人血族相続人があります。

法定相続人

例えばこの家系図の場合、黄色で囲った妻は配偶者相続人で、それ以外の緑色で囲った親族は血族相続人という事です。

被相続人の配偶者は常に相続になる事は法律で決まっているのですが、血族相続人には「第一順位」「第二順位」「第三順位」と順位が決められています。

上位の順位の血族がいる場合は下位の順位の血族は相続人にはなりません。

  • 第一順位:子供、養子、孫、ひ孫
  • 第二順位:父、母、祖父、祖母
  • 第三順位:兄弟姉妹、甥(おい)、姪(めい)

※愛人はもちろんですが、内縁の妻(内縁とは婚姻の届出はないが、社会生活上は夫婦同様の実態がある男女関係)も配偶者相続人にはなりません。

離婚や再婚経験がある場合は要注意!

被相続人に離婚や再婚の経験がある場合には、相続人を把握する際に注意が必要になります。

以前の配偶者との婚姻中に生まれた子供や、例えば再婚相手の連れ子でも養子縁組をしていれば相続人になり得ます。

また、被相続人が不倫をして妻以外の女性との間で子供を授かっていた場合(婚外子)、被相続人が認知していればその婚外子は相続人になり得ます。

法定相続人の把握が複雑な場合は戸籍謄本の取得が必要!

戸籍謄本 請求

明らかに誰が法定相続人になるのかが分かりきっている場合は良いのですが、そうでない場合は被相続人の戸籍謄本を取得して誰が法定相続人になるのかを正確に把握しなければいけません。

法定相続人を漏れなく把握する事は遺産分割協議書を作成する上でも必要になりますから、戸籍謄本を取得するケースも多いです。

また、戸籍は結婚や引っ越しなどに伴う本籍地変更を行えばその都度新しく作られるものですから、法定相続人全員を正確に把握するには被相続人の一生の間に作られたすべての戸籍謄本を入手する必要があります。

戸籍謄本は本籍地のある市区町村役場の窓口で請求できます。

被相続人の死亡時の戸籍から、出生時の戸籍までを順番に遡って取得していく必要がありますから、引っ越しをするたびに何度も本籍地変更をしていた方であれば、取得するのにかなりの時間を要する場合もあります。

遠方の市区町村の場合は郵送での請求も可能です。

 

コメントを残す