相続人の法定相続分の割合計算の事例を紹介します。

法定相続分

遺言書が無い場合、法定相続人がそれぞれどのような割合で遺産相続をする事になるのか、事例を出してその計算式を紹介します。

相続人で集まって遺産分割協議を行う場合も、もめ事になって遺産分割調停によって遺産分割が行われる場合も、法定相続分が基本的に目安になりますから相続が発生したら把握しておいた方が良いでしょう。

法定相続分がどのケースに当てはまるか探して下さい。

法定相続分は配偶者がいるのか、あるいはどの順位の法定相続人であるかによって変わってきます。

事例1.配偶者だけしかいない場合

まず最初は相続人が配偶者だけのケースです。

被相続人の両親も既に他界し、兄弟もおらず、子供もいない場合(つまり血族相続人がいない)、配偶者が被相続人の遺産を100%相続できます。

事例2.配偶者は既にいなくて血族相続人(子供)がいる場合

配偶者相続人が既に他界してしまっているなどの理由でおらず、子供がいた場合、子供にすべての遺産が相続されます。

兄弟姉妹の間では遺産は均等に分割されます。1人兄弟の場合は100%、2人兄弟の場合は1/2ずつ、3人兄弟の場合は1/3ずつという具合です。

なお、血族相続人の中でも、被相続人の子供は被相続人の親よりも順位が上なので、被相続人の親がまだ存命であっても、民法上では子供達が全ての遺産を相続できます。

事例3.配偶者も血族相続人(子供)もいる場合

このケースの場合、配偶者は遺産の半分を相続し、残りの半分を子供達が均等に分割します。

この図のように子供が3人の場合は1/2×1/3=1/6という計算式です。

事例4.子供がいなく、血族相続人の親が存命の場合

夫婦の間に子供がおらず、第一順位の血族相続人がいない場合は、第二順位である両親が次の法定相続人となります。

このケースの場合、配偶者である妻が遺産の2/3を相続し、残りの1/3を両親が相続します。

もしも両親の片方が亡くなっている場合は、1/3の遺産をお父さんかお母さんのどちらかが全て相続する事になります。

事例5.血族相続人である親も子供もいない場合

夫婦に子供がおらず、被相続人の両親も既に他界していた場合、次の次の順位である被相続人の兄弟にも相続権が回ってきます。

このケースの場合は、配偶者である妻が遺産の3/4を相続し、残りの1/4を兄弟が相続します。

この場合も兄弟姉妹が何人かいれば、その人数で1/4の遺産を均等分割します。

 

コメントを残す