相続する家の名義変更方法は?かかる費用は?

家の名義変更

元の持ち主が亡くなった後に被相続人から相続人へ家(不動産)を遺産相続する場合、基本的には家の名義変更方法をします。

家や土地の名義変更に関して、実はいつまでに必ずしなければいけないという法律上の決まりはありません。

ですから相続人や親戚の間で話し合う機会が持てなければそのまましばらく放置しておいても構わないのですが、家の名義を故人のままにしておくことは、今後様々な争族やトラブルに発展する可能性があるのでできる限り速やかに名義変更する事が一般的です。

本当に、思いもしないトラブルが後々発生するケースが相続では多々あるのです。
税理士
税理士

(※ちなみに、家の名義変更をしていなくても相続された段階で固定資産税の支払い用紙は相続人に届きます。)

家の名義変更は自分でできるの?

家の名義変更に関わらず、相続に関わるあらゆる手続きはすべて自分自身で行うことができます。

できますが、家の名義変更を自分で行うメリットといえば司法書士に依頼するお金(数万円)がかからないぐらいしかありませんから、できる限り専門家に任せた方が早いし安心でしょう。

ちなみに家の名義変更(相続登記)の場合に依頼する専門家は司法書士です。

家の名義変更を司法書士に依頼するメリット

  • 戸籍の収集を自分でしなくて済む
  • 法務局に何度も行く手間が省ける
  • 遺産分割協議書や申請書など必要書類を用意して貰える
  • 分からない事を調べる時間とストレスから解放される

家の名義変更でかかる費用は?

家名義変更費用

相続による家の名義変更でかかる費用は、不動産(家)の固定資産税評価額の0.4%である登録免許税、物件調査などにおける登記事項証明書取得にかかる費用(戸建ての場合3,000円)です。

例:)土地と建物を合わせた評価額が800万円の場合

登録免許税:800万円×0.004=32,000円

登記事項証明書取得にかかる費用:土地と建物ぶんで1,500円×2=3,000円

合計:35,000円

これは自分で家の名義変更手続きをしたとしてもかかる実費としての税金です。

これプラス、司法書士に依頼した場合は依頼費用(5~10万円程度)がかかってきます。

家の名義変更をせずに放置しておくことのデメリットは?

空き家放置デメリット

「いつまでに家の名義変更をしないといけない」というルールはありませんが、遺産相続による家の名義変更をせずにそのまま放置しておくことによるデメリットは2つほど想定できます。

まず1つ目のデメリットは最初にご紹介した通り、その後思わぬ争族やトラブルが起こるケースです。

年月の経過と共に相続人の中でも結婚する人が出たり、死亡する人も出てくるかもしれませんし、そうなると相続人を取り巻く人間関係が変化していきます。

仲の良かった兄弟姉妹が、ほんのささいな事がきっかけで険悪な関係になることもあるでしょう。

そのような場合、当初予定していた相続人が家をそのまま相続できなくなってしまうことにもなり、「こんなことなら最初に家の名義変更をしておけば良かった…」と頭を抱える事も少なくないのです。

2つ目のデメリットは、年月が経つに連れて家(不動産)の価値が下がることです。

ですから、例えばどうせ住む予定もないので売却しようと思っているのなら、少しでも価値が高いうちに売却する方が得策でしょう。戸建てやマンションは放置しておけば何もしなくてもどんどん価値は下がっていくものです。

家の名義変更をしたけど使わない場合の対処法

マンションや戸建てを遺産相続してとりあえず相続登記(名義変更)をしたのはいいけど、その家に住むわけでもないので必要がないと考える方も多いです。

長男
長男
田舎の実家を都会にいる子供達が相続した場合などは典型的なケースですね。

この先住む予定がない家やマンションは売却するのも1つの選択肢でしょうし、「思い入れがあるから家の売却はしたくないな…」という場合には貸し出すなどの利用方法がいくつか考えられるでしょうし、「先祖代々のこの土地だけは守りたいな…」という場合も、土地の有効活用方法がいくつかあります。

仮に家を売却した場合はいくらの値がつくのかを査定してみると良いでしょうし、土地の有効活用方法を無料で提案してくれるサービスもあります。

仮に家や土地を売却したりする場合にも、名義人が被相続人のままだと不都合が生じますから、いずれにせよ家の名義変更は遺産相続をした段階ですぐに行う方が良いのです。

2 Comments

コメントを残す