住宅ローンは死亡したらチャラ!例外を除いては…

住宅ローン 死亡

住宅ローンを組んでマイホームを購入した方が、病気や事故で完済前に死亡してしまうことはあるでしょう。

相続でもこのケースは多いです。

「残された家族には多額の借金だけが残ることになる」と心配する方もいるでしょうし、「親から家を相続してみたらまだ住宅ローンがかなり残っている事が発覚した…」なんていうケースもあるでしょう。

ほとんどの方は住宅ローンを組む際に不動産を担保にお金を借り(抵当権を設定するといいます)、住宅ローンを組んでいます。

またほとんどのケースで団体信用生命保険(略して団信)という保険に加入しているので、借主が亡くなった場合は住宅ローン残高に相当する保険金が支払われ、住宅ローンを一括返済することができるのです。

要するに、住宅ローンはチャラになります。

遺族は住宅ローンが無い状態でマイホームに住み続けることができますし、住宅ローンを完済するということはお金を借りる時に設定した抵当権を外すことにもなるので、仮に引っ越しをするという場合は自由に家を売却して現金化することも可能です。

相続して多額のマイナス資産があると思った方も保険を使って完済できるので、相続放棄をするか承認をするのかを判断する際に、住宅ローンの残高を見て焦って判断しないようにしましょう。

なぜ借主が亡くなったら住宅ローンはチャラ?

借主が亡くなった場合に住宅ローンがチャラになるのは、お金を貸すほとんどの金融機関では団体信用生命保険への加入を必須としているからです。

金融機関もバカではありません。

住宅ローンを組んだ人が死亡したり、重度の病気になるリスクは想定していますから、団体信用生命保険への加入を必須にして毎月徴収しているわけです。

ただし、住宅ローンがチャラにならない例外もあります。

それは、住宅ローンを組んだ際に団体信用生命保険に加入していなかったり、何度も住宅ローンの支払いの遅延があった場合などです。

ほとんどの金融期間では住宅ローンを組む際に団体信用生命保険への加入が必須のはずなのに団体信用生命保険に加入していない例外があるのは、毎月の固定金利の『フラット35』の加入者が大半です。

なぜなら、『フラット35』だけは団体信用生命保険への加入が必須ではないからです。

また、住宅ローン返済が何度も遅延してしまう場合は団体信用生命保険の契約が失効してしまうことがありますから、支払いが遅れてしまわないようにくれぐれも注意しましょう。

なお、団体信用生命保険を利用して住宅ローン残高を返済したとしても、相続放棄には影響しません。

コメントを残す